多くのペラサイトからのバックリンクはスパム認定される?

多くのペラサイトから受けているバックリンクはスパム認定されるケースが多く、手動ペナルティとして検索エンジンに掲載されなくなったり、著しくランクがさがるケースもあります。ガイドラインに違反しているSEO対策のテクニックが使用されていることがGoogleのクロールで検出された場合は、手動ペナルティを受けやすく、一度受けてしまったら大きなリスクを被ることになります。
自動で内容のないテキストを大量生産したり、クローキング・他のサイトのコンテンツを無断で複製するコピーサイト行為は悪質なスパムテクニックとされています。Googleの品質に関するガイドラインに大きく違反している場合は、自動ではなく手動でペナルティが科されるので注意が必要です。検索順位が下降するだけではなく、そこに存在しなくなるケースもあります。悪影響を受けるので自動的に意味不明なテキストを作ったり、ガイドラインに違反していることは確認します。基本的に低品質のコンテンツがこのような対応になりますが、コピーサイトはコピーされてしまった方がペナルティ対象となるケースもあるので注意した方が良いです。このようなコンテンツから被リンクを受けた場合は否認することもできるので、ツールを使ってどのようなサイトからバックリンクを得ているかを確認することになります。
ガイドライン違反をしているサイトに来るケースが多く、全く心当たりのないサイトには否認をすることで問題が解決されます。ペラサイトは心当たりがない場合、原因を突き止めるのが難しい時もありますが、それと同時に手動ペナルティが大量発生しているケースもあります。低品質のコンテンツがペナルティを受けることと同様に、悪質なスパムの情報も見られます。検索順位を常にチェックし、ペナルティを受けているかどうかを確認し、サイト全体が悪い場合は注意します。コンテンツの質は同レベルで作成しチェックした時に、差し替えた後再審査リクエストを送ります。
悪影響を受けている場合サイト全体のページを全て入れ替える必要があり、その結果を比べることでペナルティが解除されることは判断の一つです。Googleから受けた手動ペナルティはそこから送られてきた可能性もあるので、解析支援ツールなどで調べることで原因を知ることができます。ペナルティを受けると検索結果に表示されないデメリットがあるので、ペラサイトからのバックリンクは常に確認しておく必要があります。