ペラサイト大量生産の時代は終了している!?稼げないの?

ペラサイトを大量生産するようなSEO対策を行う時代はもう過ぎており、逆にペナルティを受ける対象となり稼ぐこともできません。世界のサイト数は10億を突破しており、その数が正確に測定できないくらい増えています。ほとんどのサイトには何かの広告が貼られていることから、広告収入で稼ぎたい人がたくさんいるという結果にもなります。
クリック報酬型広告は最大のメリットとして、クリックをしてもらうだけで報酬がもらえるということで、アフィリエイトのようにクリックをしてから購入するというようなステップが必要ありません。現在インターネット上で個人的に掲載できる広告は、クリック報酬型広告と、成果報酬型広告の2種類のみになっています。成果報酬型の場合は知識や経験がないと稼げないということもありますが、クリック報酬型は記事をコンスタントに書きアクセス数を集めることで、誰でも稼ぐことができる部分もあります。
Googleのユーザー目線から見てアルゴリズムのアップデートなどが存在しますが、検索することでクリック報酬のみで月に何万円も稼いでいるという量産報告があります。クリック報酬型広告の広告の提供をしている場合は商品選定から始める必要があり、それを購入してもらわないと稼げない現象が起こります。ニッチな収益化となりますが、信頼できるサイトでないと広告の掲載ができないケースもあります。アフィリエイトサービスでの広告よりも、報酬単価が低くなり逆に損をするケースもあるので知っておく必要があります。
稼ぐことができるクリック報酬型はユーザー目線の記事をかき、商品選定をしておくだけで、クリックされれば収益化につながります。アルゴリズムについてはしっかりとリスペクトすることには違いがありませんが、ペラサイトからのバックリンクには気をつけるようにします。難しい記事などは必要なく、これによって記事や広告の内容が合わせやすくなります。ニッチで難しいサイトのコンテンツよりも、広告と記事の内容に関連性があればユーザーがクリックしやすくなることは簡単にわかります。
Googleでも量産されたコンテンツはペナルティの対象となっているので、クリック報酬型アフィリエイトのサービスは全ての中でも推奨されています。基本的にはアドセンスがメインとなっているので、デメリットも踏まえながら、広告を貼るための審査と規約が厳しいことも知っておきます。アドセンスを始めるときは、申請も含めて審査を通って広告を掲載した後も、ぬかりなく定期的にチェックをする必要があります。