ペラサイトの活用方法とは?何に使う?

PCの画面を見ている男性

サテライトサイトは一つだけではなく複数存在していて、その群れはドメイン評価が高くなっている中古ドメインや無料ブログサービスを使っているケースがほとんどです。手持ちの運営サイトからもリンクを送ることができますし、相互リンクにするよりは一つの方から検索順位を上げたいとするドメインに送る方法となります。
ブラックサイトの作り方は比較的簡単にできますが、その基本を学ぶことでサテライトサイトについてもわかりやすくなります。特にアフィリエイトでは中古ドメインを使用することが多いですが、ニッチワードは必ず入れるようにし集客サイトとして運営します。ジャンルは様々ですが使用する中古ドメインは、メインサイトよりはドメインパワーが劣っている方が使いやすいです。
また中古ドメインを購入するときのコストも抑えることができるので、一石二鳥になります。例外として集客サイトを使用するとハイランクの中古ドメインを安く購入することができ、さらにコストを抑えることも簡単にできます。ペラサイトの見本は中古ドメインのものを作ることになりますが、メインサイトやSEO効果を出すために、メインサイトとは別に立ち上げた集客サイトとなります。その中でも関連性が明確にできないことや、隠したいものなどは特にサテライトサイトと呼んでいて、商品などを紹介して稼ぐ活用方法を併用しています。同じドメインでタイトルも同様となれば、関連サイトであることもわかるのでサテライトサイトとは呼びません。
本サイトの被リンクを増やす目的でペラサイトを実験的に作っていきますが、それらのジャンルは様々で被リンクを増やすこともできます。これは、Googleが被リンクをサイトに対する支持票とみなしているからです。Googleの被リンクが多いことは参照されるケースが多いということで、一般的に良質なサイトとみられます。結果的に検索順位も上位表示されるので、多くのユーザーから閲覧されることになります。SEO対策では被リンク対策の基礎となる効果で、活用方法は商品を持ってくることから始めます。
メインサイトにリンクを貼ることで、自ら面サイトの被リンクを増やす結果となります。この方法は効果的とされますが、現在はリンクの数を競うのではなく質そのものが評価の指標となっています。稼ぐことができるコンテンツは、このような実験結果から詳しく知ることがあります。アフィリエイトでニッチワードを使いながら、さらに稼ぐコンテンツを増やしていきます。

サイト内検索
人気記事一覧